FC2ブログ
アダルト1円動画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さおちゃん4 クン日記

そしてネットリとこちらの耳を食べてきます。

うう。。。。はあ。。。。。。。

少し突いてやることにします。


ズンッ。。


あああっ!

ズンッ。。

あんっ!

さおちゃんの締まったお尻を鷲掴みにして、徐々に速度を速めます。


ズンズンッ。。

うんんんあっ!!

「もっと・・・・」


さおちゃんの合図が有りました。

ズンズンズンズンズンッ!


あああああああああああああっ!!!!!!!

リズムよく上下していると、さおちゃんも上下を始めてしまい。タイミングがずれてしまいました。


「さおがする」
「おっけ」


さおちゃん身体を起こすと。

前後に擦り付けるように、グラインドし始めました。


あああああんああああなんんあああっああううううううううう!!!!!!!!

そして自分の引き締まった胸を弄りながらこちらを薄めで挑発してきます。


あああああああん!!!!!!!!いい!!!!!!!!!!

完全に横の部屋に聞こえているであろう。

声を上げながら、グラインドは間断なく続きます。


うああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!


あっ!!!!

時よりビクッとなっては、また腰を動かす。
またビクッとなっては、また動かす。

自分のペースで楽しんでいるようです。


こちらも身体を起こし、さおちゃんと顔を合わせます。

「気持ちいい。。。。。。」
「うん^^俺もさおちゃんのめっちゃ気持ちいよ?」

こちらの頬を両手で掴み、舌を吸ってきます。

はあはあはあああ。。。。。。。

顔を離すと
「さおの気持ちいい?」
「うん。。。。。はっはっはっ。。。。。。。」


さっきよりはゆっくりと。しかし間断なく腰を振り続けるさおちゃん。


「もう出してもいいよ?」
「うん。」
「口に頂戴?」
「うん。。。」

抱き合ったままさおちゃんをソファーに運んで、バタン。。
間髪入れずに、さおちゃんを突き上げます。

いいいいいいあああああああああああああああああああっ!!!!!!!!!
もtっとおおおおおおおおおおああおおおおおおおおおおおおおあいいいい!!!!!!!

なかああああああでええええええええええあああああ!!!!!!

口じゃないようです。

中で欲しい??

うん!!!!!うん!!ああああああああああああおおおおおおお

さおちゃんが目をむいたようになり、髪をくしゃくしゃし始めました。


ああああああああああああああああうううううううううううああああ!!!!!!
ぜんぶううううううううzうぇんぶうう!!!!!!!!!!



さおちゃんんんんん!!!イクうう!!!!!!!!

はあああああああああんんんんんん!!!!!いれでえええええええええ!!!あああ!!



フンッ!!!!!!!!!!!!!

あああああああっ!!!!!!!!!!!!!!


はあ。。。。。。。。。。。。


ガクリ。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



ピクっ。。。。。。。


さおちゃんどこかに行っちゃったようです。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

クン日記 なおちゃん 第2章 3

「へへへ。。。」
「はは^^どうしたん?」
「今日はたくさんしたい^^」
「はは^^勿論ええけど。寝てまうやろ?」
「いや。寝えへんもん。いっぱいいっぱい舐めて、入れて?」

クンニデートをするまでは、あたりまえだけどこんな表情をしたことなんかなかった。

少し演技っぽい。わざと潤ませたような目で“いっぱいいっぱい”と訴えかけてくるなおちゃん。

「あのさあ。なんかあったん?^^」
「あったよ!」
「なになに。なんか悲しいやつ?悲しいクンニ?w」
「いやいや。関西人としたやろ?」
「したした。」
「それやんw」
「え??w」


俺の太腿を挟んでギュッとしながらなおちゃんが。
「うち、最近ずっと一人でしてて。。」
「ええ?そうなん?ww」
「なんか恥ずかしいけどwwこんなん言うのも恥ずかしかってんけど、関西人に言いたくて。」
「言いたいってなに?wwオナ自慢?」
「ははwwww自慢ちゃうわ。でも、なんかずっとこんないう事もなかったこととかな、言えるし。言うのも嬉しいってか。。なんかわからんけど^^」
「毎日してるん?」
「そうそうw」
「そうなん?ww誘ってくれたらええのに^^」
「なんかうちから、はい来て、はいしてとかいややんかw」
「俺が毎日誘ったらいいの?」
「ははwwww誘えへんくせに!w」
「いやもし誘ったら」
「うん。毎日でもしたい。。。」
「そうなんww」
「なんか毎日毎日関西人にめちゃくちゃにされるの想像して、、、、」
「へええええええ。やらしい^^」
「wwwwwwwwwwまあ。。そうwww」
「なんか一人でしてるのに、声とかも出てるかもw」
「ええw恥ずかしいんちゃうん??」
「そうやけどwwwwなんか、今日も来てくれてる感じで、想像して」
「隣の人に聞こえるやん」
「聞こえて欲しい?wwいや、恥ずかしいけどwwwなんかそんなんw」
「俺もなおちゃんの声好きやで^^」
「ははwwマジで?w」
「いつもはちょっと男っぽいちゅうたらへんやけど、そんなんで、エッチの時はすごいエロい感じで^^」
「えええ^^」
「でもなんか最初よりだんだんエロなってるっていうかww」
「ははwwwwエロいかしらんけど、自分から欲しいって言ってもいいんかなって、関西人やったら。めっちゃ嬉しくて。。。。他では絶対できへんし」
「なんかだんだん積極的になってるよなww」
「へへ^^恥ずかしいの見られても安心???てか。関西人とやったら」
「俺もどんななおちゃんでもいいよ^^」
「さっきもお尻もwww舐めてくれて^^」
「お尻好きなん?wwww」
「いや好きというより、嬉しい感じ」
「なおちゃんならどこでも舐めるけどww」
「ほらほら^^こんな感じwwwwwなんかそんなんが嬉しくて」
「仕事の鬱憤とかたまってるとか。。?」
「いやー。もう溜まってるんじゃなくて、てかもう面白く無くて、溜まってもないかな。」
「そーなん?」
「なんか仕事中も妄想してるわwww」
「エッロっww」
「また来てくれたらこんなんしようとかww」
「え?なんかしてほしいのあるん?ww」
「いやwwwこういうプレイとかじゃなくて、とにかく関西人と一緒にめっちゃエッチな事したいって」
「そうかww前は何回したか忘れたけど^^」
「うちも覚えてないわwでもずっとおってくれて、一緒にデートもした」
「うんうん^^楽しかったな」
「うん^^」
「デートはエロじゃないけどw」
「そうそう。でもなんか手つないでたら濡れてるwwwwwwwwwww」
「ええ??ww」
「あの日バイバイして、家帰って、関西人の匂いが残ってて」
「うんうん」
「またしたwwwwww」
「えええ^^どんなんするん?」
「ええええええええ。それは知らんけどww」
「じゃあ今日はあとでできへんくらいいっぱいしよっか?w」
「うん!^^」

なおちゃんは挟んでいた太腿と解いて、俺のをちらっと見ます。
「まだちっちゃいw」
「そらあたりまえやんwwwwwもう欲しいん?」
「うん。ずっと欲しいw」

「じゃあさ、なおちゃん一人でエッチな事して」
「ええええなんでよw」
「それ見たら元気になるから^^」
「ええええええええええ。」
「でもおっきくないと入らんよ?」
「えええええええ。そうやけどwwww」


困った顔のなおちゃん。とっかかりは確かに難しいので、なおちゃんの短く切った綺麗な髪を撫でながら、自分のをゆっくり刺激し始めます。

「ほらこれで、なおちゃんがエッチなのしてくれたら大きくなるやろ?」
「うん。。。。。。」

ゆっくりと自分の手を下に持って行って、なおちゃんの一人エッチが始まりました。

んんんんんんn

モードが切り替わったなおちゃん。でもやっぱりこっちが舐めてあげる時よりはなかなか入り込むのが難しいようです。

そこで、こっちの上下を少し激しくして見せてあげると、なおちゃんもそれに応じようと速度を上げてきました。


あんんんっんっんんn
右手は下、左手は胸に置いて体をくねらせ始めます。
最初は閉じていたパッチリ目も、今はこっちを訴えかけるように見つめてきます。

その瞳に見つめられて、まだ小さいままにこみ上げてくるものが。。
これではダメだという事で、

「激しくでもいい???」
「うん?」


なおちゃんの少し食いしばったような口に、入れます。

んぐぐうぐぐうううう!!!!

まだ固くなる前のモノを、なおちゃんの中に入れて、イジメるように突き出してなおちゃんに押し付けます。


んんんんんんぐぐぐぐうぐmんmmmm!!!

急な事だったのか、なおちゃん手をほどいてしまったので、

「手をつかわんで」
「うん。。。んggggggggggggg」



なおちゃんの顔を完全にロックして腰を大きく振ってなおちゃんの喉めがけて放り込むように突き上げます。
中ではなおちゃんがそれに応えようと舌で応戦。。んぐうぐぐううう!!!!!!


たちまち固くなり、少し方向を変えてなおちゃんのほっぺたを突き破ろうと何度も突き出します。

ぬううううううぐっぐぐぐ


はああっ!

急になおちゃんから離すと、すぐになおちゃんを四つん這いに、
何も言わず後ろから突き上げます。


っあああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!

最初から最高速でなおちゃんが壊れてしまうまで猛然と突きます。


ああああああああすううきいいいいいいいいいああああ!!!!!

なおちゃんが頭を抱えたようになって、自分で上下させようとしますが、ちょっとリズムが合わなかったので、なおちゃんの腰を固定して、また只愚直に前後させます。

あいいいいいいいいいいいいいすきいいいいいいいい!!!!!!

そして、中で高速だったものを次は少しゆっくり、それでも強くまっすぐ出し入れしてあげます。

あ。。。。。。。。。。。。。。。あああああああ!
ああ。。。。。。。。。。。。あああああ!!
ぎもじいいいいいあああ!!!!
そして一番奥でグルグル回してあげると、、、んんんんんんんんん!!!!!!!!!!


盛り上がったところで、なおちゃんを仰向けにして再びまた挿入。。。。。。。

次は二人が唇を貪り合いながら突いてあげます。

うんんんんfぐぐううううううう!!!!!!
んっんっんっん!!!!!!!!!!

するとなおちゃん少し体を上げようとするので、腰を支えてあげると、次はなおちゃんが上になります。

そして、膝をついて猛然と上下し始めました。


アッアッアッア!!!!!!!!!手は自分の形のいい小ぶりな胸をぐしゃぐしゃにしながら淫らに踊っています。

なおちゃんきもちいい。。。。。。。。。

うんうん!!!ああああ!!!!!あっあっあつう!1!11!!!!!もっと!!!!もtt!!!!!なおちゃんのリズムで3~4分


次はなおちゃんの腰を掴んでこちらが下から突き上げます。

あああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!

なおちゃんのそこから、いやらしい音がたくさん聞こえてきます。

こちらもなおちゃんのが壊れてもいいというくらい、なんどもなんども突きます。

んなああああああああああ!!!!!!好き!!!!!!!!いいいいいいい!!!

このまま出すよ?????

うん!!!!!!!!!!ああああああああああああああああ!!!!!

腰にやっていた手をなおちゃんの背中に移し体が密着するようにして二人が一体化するようにギュッと抱きしめながら。

んんんなああああああああああ!!!!!!!!!!!!!イクうううううう!!!!!!



それでも、最後のペースはまだとっておき。二人は重なり合って一つのリズムで突き合います。

なおちゃんの体が汗でだいぶ湿ってきた頃。

ほんとに出すよ??
うんうん!!!!!


更に高速で突きあげます。


ふううわああああああああああああああ!!!!!あ!!!!あ!!!!!あ!!!!!あ!!!!!!!

ああああああああ!!!!!!あ!!!!!!!



あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!


あっ!!!!




なおちゃんがガクンとなりました。


中はもうドロドロ。

こちらは最後の余韻を使って、まだ抜かずにゆっくりと奥までついてあげます。。

あっ!。。。。。はあ。。。。。。。。んっ!!!はあ。。。。。。。。。。。。。

はあ。。。。。。。。


二人は重なったまま。。。


ゆっくりと舌を確認し合います。

「はあ。。。このまま入れてていい?ww」
「はあ。。。。へ?wwは。。。。。^^え?w」
「ずっと一緒にw」
「はあ。。。。。うんうん^^。。。。ちょっと体がよく分からんようになってるww」
「ははwww。。。。。。」
こちらも、どれくらい縮んだか分からくなっています。が、余韻を楽しむために離れません。ゆっくり、ゆったり。時よりなおちゃんに押し付けてやります。

押し付けるとなおちゃんがピクっとするのが可愛らしい。

ふう。。。。あっ。。。。。へへ。


それからはゆっくり口の粘液の交換。
なおちゃんの方がこちらをギュッとしてきます。

「ははwwほんまに続ける?」
「へへ^^ちょっと疲れたけど^^でもくっつきたいから^^」

もう二人とも腰は動かさないですが、初めてチュウをした子供のように、何度も何度も相手の事を確かめます

クン日記 滋賀から来た姉妹 3

5分ほどあって。。。。



ドンドンッ

「失礼します~」「失礼します~」

ベッドから起き上がると、本当に妹らしき女の子が!


妹「初めまして、妹のまゆ(仮名)です」
俺「ああww初めましてw」
妹「ホンマに来てもうたあ^^」
俺「うんうんwwwwなんか予想もつかない展開でww」
妹「いやいや。今日言うててんなあ?お姉ちゃん関西人さんに会うって」
姉「そうそう^^」
俺「そうかそうか。。。www」
妹「今日遅なるから、もう帰られへんなって思ってて」
俺「ははww」
妹「で、お姉ちゃんだけせこいから、さっきメールした^^」
姉「はは^^姉ちゃんもうしてもらったで^^」
妹「もーまじせこいしwうちがブログ見つけたんやろ?」
姉「そうそう^^」
俺「そうなんやw」



なんだか圧倒されます。。。。。。


妹「いっつも読んでたんすよ」
俺「ああ、ありがとう^^」
妹「で、めっちゃええなあって言うてて」
俺「そかそか^^」
妹「で、あ、姉ちゃんあれ言うたん?」
姉「何を?」
妹「あ、うちら二人でする時あるんすけど」
姉「^^」
妹「うちらブサイクやしね。これ関西人さんにしてもらわなアカンなって^^」
俺「全然ブサイクちゃうよー」
妹「いやいや。姉ちゃんもね、ずっと彼氏おれへんしね。」
俺「うん。まゆちゃんは?」
妹「うちも一回もないwwww」
俺「ええー。じゃあ今日初体験?」
妹「姉ちゃんにやってもらったことは有りますよ^^」


もう何が何だか分からなくなってきました。。。


妹「なんか関西人さんの文章凄いですよね」
俺「そう?wありがとう」
妹「うちらずっと妄想しててんなあ?」
姉「うんうん^^」
俺「そうかそうかww」
妹「この人絶対気持ちいいでって」
俺「おおwww」
姉「ほんまやで。めっちゃ気持ちよくしてくれはった」
妹「せこいーーー」
姉「一緒にやってもらったらいいやんか」
妹「うんうん。今日も昼から妄想www」
俺「wwww最初から来るつもりやったんかw」
妹「いやwwwまあ、あとから絶対話聞いたろうと思ってたけどw」


妹の破壊力。。。。。。。。。。。。


両方ともほんとに可愛い顔をしてるんですが、なんか女子高短大で出会いが無かったとか。


でも、これどうしたもんかと全く分からなくなった俺。

とりあえず。

俺「まゆちゃん、してあげよっか?」
妹「やった^^」
姉「うんうん^^うち横でおったげるわ」


よしっ いざ!


まゆちゃんは、マミちゃんよりちょっとほっそりした感じ。
マミちゃんはソファーに座って、俺とまゆちゃんは立って。


まずチュウ。。。。。。

んんぐぐ。。

そのまま、まゆちゃんの舌を探して、まゆちゃんもえっちなベロで応えてくれます。

その頃マミちゃは、サポートしなければと思ったのか、何故か俺とまゆちゃんのお尻に手を添えてその様子をじっと見ています。


まゆちゃんの耳を食べてあげると。。。。
まゆちゃんもう大きな声をあげます。


んんんんんっ!!!!!!!アッ!アッ!!


姉に先を越された分を取り返そうとしているのか、体をくねらせながら目をつぶって天井を仰ぎます。

マミちゃんを放っておくわけにはいかないので、マミちゃんの頭をポンとすると、マミちゃんは、マミちゃんなりに解釈したみたいで。。。。。

んぐうう

俺のアレを頬張り始めました。

あっ。。。。。。。。


マミちゃん一生懸命、たくさんの唾液を出しながらグチョグチョ音を立てて刺激してくれます。


これが気持ち良くて。。。。。。すぐにイッてしまってはまゆちゃんに申し訳ないので、体勢を変えます。

まゆちゃんをソファーに座らせて、すぐに脱がすとまゆちゃんのを舐め上げます。

ぴちゃっぴちゃっ。。。。

あああああああああつうあああああつつううttっつう!!!!!!!!!!!


マミちゃんはというと、状況を察知して自分で役割を把握しているようです。
自分も服を全部脱ぐと、その大きなオッパイを妹の口元に持っていきます。

妹も、心得たもので姉のオッパイを声を出しながらも舐めてあげます。

マミちゃんの手は、例のように自分のスポットを刺激しています。


アッアッアッアッ
んっんっんっんっ

俺の舌のリズムと姉妹のいやらしい声が同調して室内に響き渡ります。

妹「んっんっんっんっ。。お姉ちゃんこっち!」
姉「うん!アッアッアッ!」

姉妹息の合ったフォーメーションで、次は姉が妹の少し小ぶりなオッパイを舐めてあげます。
マミちゃんの指は、もう自分の中をまさぐっています。

アッアッアッアッ!!!!!
んっんっんっんっ!!!!!

妹「入れてっ!入れてっ!んっんっんっ!!!!!!」

まゆちゃんがもう欲しくなったようです。

まゆちゃんのアソコの顔の囲みを解いて、そのまま固くなったのを入れます。


んぐぐぐぐぐっ。


妹「はぅああああああああ!!!!!!!!!!!!!あっあっあっあっ!!!!!!!!!!」

さっきと同じリズムで、ゆっくりでもなく、早くもなく、出来るだけ多くの部分がまゆちゃんに入るように、突き出します。
マミちゃんは、左手で妹の胸の先端を触れてあげながら、右手は手製ディルドのようにして、腰を上下させています。


俺「マミちゃん。。。」
これをかけると、マミちゃん何かを察したのか、俺の舌を吸いに来ました。



妹「あっあっあっ!!!!!!ヤバいっ!!!!!ヤバいっ!!!!!あああああああ!!!!!!!!!!!」

こちらの動きも自然に速くなって、もうそろそろになってきました。



ああああ!!!あああ!!!ああああ!!!あああ!!!!!!!!!
更に速めます。



うんんんああああああああああああ!!!!!!!ヤバい!!!!!!いううううううううううううううう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



瞬間、まゆちゃんから離れて、マミちゃんの顔に持もっていきます。



ピッシャーーーーーーーーーッツ!!!!!!!!!!パンっ!!!



お姉ちゃんに全部かけてしまいました。



洗ってないアソコ 1

*注意*
当blogはアダルト向けの内容を含みます。 18歳未満の方は、ご退出ください。
プロフィール

kwansaijin

Author:kwansaijin
FC2ブログへようこそ!

mixiで「関西人」名義で活動中!!
mixiページもよろしく!!

最近の記事
お話ししたい・・・
ライブチャット
関西人は、秋元美由を応援しています。
観たくなったら・・・
SOD宣伝部 入社1年目 市川まさみ(23) 「おもちゃ責め」「性感エステ... 現役女子大生!! 照れカワ、ふんわり18歳 AVデビュー!! 初川みなみ 【特典収録】湊莉久 4本番 +1本番で計5本番楽しめる特別版! D☆Collection BEST 神ボディ 鈴木心春 8時間special シロウトTV×PRESTIGE PREMIUM 18 新・素人娘、お貸しします。 VOL.30 某有名美術大学油絵専攻 隠れドMヘンタイ美大生 AVデビュー AV女優 新... 果奈 工藤加奈子 2 内海直子&仁科紀子 朝陽 3 堀江麻里子 早瀬麻衣 3 ひかる 佐伯望美 2 さな まどか misuzu かなこ みく あみ いく 篠田雪 赤崎美優 りおん おとは 浅倉あすか 怜 みゆ いく 3 ちえり 園畑凛 浅倉美佳 ゆうき megumi いく 2 ともか まい 上原早苗 れな
お話したい・・・・・・
ライブチャット
お小遣いが欲しい時は
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
グランキング参加中!応援よろしく!
人気ブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
34954位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
665位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。